image_main.jpg

  • 社会福祉法人 保育所 | 代表取締役
  • TAKADA SHUJI
  • 高田 修司
  • 理論に基づいて幼児教育の導入により子供たちの成長を加速

image_main.jpg

  • 社会福祉法人 保育所 | 代表取締役
  • TAKADA SHUJI
  • 高田 修司
  • 理論に基づいて幼児教育の導入により子供たちの成長を加速

高田 修司プロフィール

  • 代表取締役
  • 早稲田大学経済学部卒。
    1990年に大阪証券入社し、国際事業部のリーダーとして海外での新規事業開拓に従事。
    2005年株式会社を設立し、代表取締役に就任。保育事業を展開。2007年社会福祉法人を設立し、理事長に就任。
    大阪に保育所を開所

高田 剛

モンテッソーリ教育を導入。幼児教育が子供たちのその後に大きく影響する

image_1.jpg

  • 当保育所ではモンテッソーリ教育を導入しています。その理由は、幼児教育が子供たちの将来に大きく影響することがわかっているからです。
    アメリカでの研究結果でも、幼児教育の有無が成人後の所得や犯罪発生率に影響していることが証明されております。

保育士の教育制度を充実させて、より高い質の保育の提供と保育士のやりがい醸成を目指している

image_2.jpg

  • 子供たちへの質の高い保育をするためには、保育士の成長が欠かせません。そのために、当保育所では定期的な研修や、業務時間内でも自己成長のための時間を確保しています。保育士の教育により、子供たちや保護者への貢献度を高めることはもちろんですが、保育士自身のやりがいや達成感につながる成果があります。
    誰しも成長欲求があります。自らが成長することによって、子供たちや保護者から感謝されることで保育士の大きな喜びとなります。

育児しながら働く保護者を支えていきたい

image_2.jpg

  • 保育所ですので、子供たちと接し子供たちの成長を促すことは当然のことです。ただ、保育所は子供たちだけではなく、その保護者を支援することも大きな目的となります。働きながらでも育児ができる環境を作ることで、より多くの女性が安心して出産・育児や仕事に打ち込めることができます。それは少子高齢化という社会の課題解決にもつながってきます。
    育児をしながら働く保護者が、より自己成長や仕事に集中できる環境を作るために、また、安心して出産・育児ができるインフラを作るために、我々としての役割は大きいと思います。

理論に基づいて幼児教育の導入により子供たちの成長を加速

授業を受ける子どもたち.jpg 授業を受ける子どもたち.jpg

小さな冒険、はじめよう。

募集要項一覧バナー

  • 採用情報 01
  • 採用情報 02
  • 採用情報 03
  • 採用情報 04
  • 採用情報 05
  • 採用情報 06
  • 採用情報 07
  • 採用情報 08

募集要項一覧

pagetop